四日市の歯医者
プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市

MENU

インビザライン

invisalign

【四日市の矯正歯科】子供のうちに行うのが効果的?小児矯正の種類や費用を解説

22.04.27

カテゴリ:インビザライン

矯正歯科治療は、子供のうちに行った方が良いという話はよく耳にしますよね。身体が発育途上にある子どもは、成長する力を歯並びの治療に活かすことができるからです。今回はそんな小児矯正を行うと良い理由や装置の種類、費用の目安などをわかりやすく解説します。

小児矯正を行うと良い理由

子供の頃に矯正治療を始めると、次に挙げるようなメリットが得られます。

顎の骨の発育をコントロールできる

小児期に矯正治療をスタートする最大のメリットは、「顎の骨の発育をコントロールできる」ことです。これは大人が受ける成人矯正には期待できない作用であり、小児矯正の肝ともいえる部分です。例えば、骨格的な異常に由来する出っ歯や受け口を小児矯正であれば根本から解決することが可能です。歯並びがガタガタになっている乱ぐい歯も、顎の骨の幅を広げることで、スマートに治せます。

大人の歯の歯並びや噛み合わせ悪化の予防

小児矯正によって顎骨が正常に発育し、歯をきれいに並べるための土台を作ることができれば、大人の歯の歯並びや噛み合わせ悪化の予防につながります。12歳くらいから始める小児矯正の2期治療や成人矯正で、抜歯が不要となるケースも多くなります。それらの矯正の治療期間を短縮することにもつながることでしょう。

虫歯や歯周病になるリスクを低減

歯がきれいに並ぶと、歯磨きしやすくなります。磨き残しが減少して、歯垢・歯石の形成も抑制され、虫歯や歯周病を発症するリスクも大きく減少します。子供はもともと虫歯のリスクが高く、重症化させる傾向にあるため、小児矯正によってそのリスクを低減することは非常に有益であるといえます。

コンプレックスの解消

小児矯正を行うメリットとしては、口元のコンプレックスを解消できる点もとても重要です。小学生のうちに、出っ歯や受け口などの問題を解消しておけば、思春期に入ってから口元のコンプレックスに悩まされることがなくなります。これはお子様ご本人にとって何よりも重要なメリットといえるかもしれません。

小児矯正で用いられる治療法の種類と特徴

子供の矯正治療では、さまざまな装置を使用します。ここでは小児矯正で用いられる標準的な治療法をいくつかご紹介します。

ワイヤー矯正

マルチブラケットと金属製のワイヤーを使った矯正法です。基本的には小児矯正の2期治療や成人矯正に用いられます。歯並びの乱れを細かく整えるための装置です。

マウスピース矯正

透明なポリウレタン製のマウスピースを使った矯正法です。こちらも小児矯正の2期治療や成人矯正に用いられるのが一般的ですが、「インビザライン・ファースト」なら子どもの歯と大人の歯が混在する混合歯列期に使用できます。装置が目立たず、快適に矯正治療を進められます。

床矯正装置

歯科用プラスチックであるレジンと金属製のワイヤーで作られた装置です。取り外し式でマウスピースのような形をしており、顎の骨の幅を拡大するのに適しています。骨が発育する力を利用するため、小児矯正ならではの装置といえます。

プレオルソ

お口周りの筋肉を鍛えるために使うマウスピース型の装置です。「お口ぽかん」の症状を改善する作用も期待できます。口腔周囲筋が鍛えられると、顎の骨の発育も正常に進んでいきます。その結果、歯をきれいに並べるための土台もしっかり形成されていくのです。噛む・飲み込む・しゃべる・呼吸する機能も健やかに育むことが可能となります。


小児矯正にかかる費用の目安

小児矯正は、3~12歳くらいまでに受ける1期治療と12歳以降から受ける2期治療の2つに大きく分けることができます。その点も踏まえた上で、小児矯正にかかる費用の目安をお伝えします。

ワイヤー矯正の場合

小児期にワイヤー矯正を行うのは、基本的に2期治療からです。いわゆる“歯列矯正”に分類される矯正法で、成人矯正とほぼ同じものと考えていただいて問題ありません。ですから、ワイヤー矯正にかかる費用は800,000~1,000,000円程度となります。1期治療で床矯正などを受けていると、費用はもう少し安くなることが多いです。

マウスピース矯正の場合

子供用のマウスピース矯正である「インビザライン・ファースト」は、400,000~500,000円程度の費用がかかります。2期治療で通常のインビザラインだけを受ける場合は、800,000円前後の費用がかります。()

床矯正の場合

床矯正にかかる費用は、ケースによって大きく異なります。比較的軽度の症例では、少額の治療費で治療が完了することもあります。症状が重たい場合は300,000~400,000円程度の費用がかかります。これらはあくまで目安なので、気になる方は歯科医院に問い合わせてください。

プレオルソの場合

プレオルソの費用は、医院によって大きく幅があります。ですので、100,000円〜500,000円くらいに設定している歯科医院が一般的です。加えて、プレオルソでは口腔筋機能療法(MFT)と呼ばれる治療も併せて行うことも多く、治療にかかる費用はもう少し高くなる傾向にあります。

プルチーノ歯科・矯正歯科での小児矯正治療

ここでは、プルチーノ歯科・矯正歯科で行っている小児矯正治療の種類や費用の目安についてかんたんにご紹介します。

提供している治療の種類

◎インビザライン・ファースト

小児専用のインビザラインです。これまでマウスピース矯正というと、成人用しかなかったのですが、アラインテクノロジー社が子ども向けに開発しました。ワイヤー矯正と比べて痛みが少なく、装置が目立ちにくい。さらには治療期間も短いことから、お子様への心身への負担を最小限に減らすことができる小児矯正治療といえます。

◎プレオルソ

子供の歯と大人の歯が混在する混合歯列期(6~11歳)に適応できる小児用マウスピース矯正装置です。マウスピースを装着するのは日中の1時間と夜間だけなので、日常生活に支障をきたす場面は極めて少ないです。口元の筋肉バランスを整え、歯並びが悪化するのを予防し、顎の前後的・左右的なズレまで改善できます。

費用の目安

当院では、インビザライン・ファーストやプレオルソの単独治療だけでなく、MFTなども組み合わせた治療もご提案しております。

◎インビザライン 1期治療 ファースト(&プレオルソ)¥550,000-(税抜:¥500,000-)

◎インビザライン 2期治療¥330,000-(税抜:¥300,000-)

◎インビザライン ファースト+インビザライン 2期治療セット料金:¥770,000-(税抜:¥700,000-)

◎プレオルソ&MFT治療による1期治療¥440,000-(税抜:¥400,000-)

◎1期治療から2期治療(インビザライン)への移行¥330,000-(税抜:¥300,000-)

豊富な症例数

プルチーノ歯科・矯正歯科では、これまでたくさんのお子様を含む患者様の矯正治療を行ってまいりました。診療実績が豊富であり、さまざまな症例に対応できますので、お子様の歯並びに関するがお悩みがあれば是非とも当院までご相談ください。イオンタウン四日市泊内にあり、お車でのアクセスも良好です。まずはていねいにカウンセリングいたしますのでお電話、もしくはネットからのご予約いただくとスムーズなご対応が可能です。

まとめ

今回は、矯正治療を子供の頃に行うメリットや治療内容、治療費などについて解説してきましたがいかがだったでしょうか。大人の矯正治療とは異なる点も多く、疑問や不安に感じることが増えてしまった方もいらっしゃるかもしれませんね。小児矯正というのはそれくらい奥深いものなので、事前に正しい知識を入れておくことが大切です。そんな小児矯正についてさらに詳しく知りたい方は、お気軽にプルチーノ歯科・矯正歯科までご連絡ください。プルチーノ歯科・矯正歯科ではみなさまが安心して治療にあたっていただける歯医者を目指し、医師、スタッフ全員で皆様の治療のサポートをいたします。



プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市

MENU

プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市