四日市の歯医者
プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市

MENU

インビザライン

invisalign

口ゴボを矯正歯科治療で治す方法を四日市のプルチーノ歯科が解説

22.11.15

カテゴリ:インビザライン


日本人に比較的多い「口ゴボ」は、見た目のコンプレックスや、その他にもたくさんのデメリットがあるため、矯正歯科治療での改善を希望される方が非常に多くなっています。今回はそんな口ゴボの原因やデメリット、矯正歯科治療によって改善する方法を四日市のプルチーノ歯科・矯正歯科がわかりやすく解説します。

そもそも『口ゴボ』って何?

口ゴボというのは、かなり特殊な表現なので、どのような症状を指しているのかよくわからないという方もいらっしゃいますよね。ここでは口ゴボの特徴をセルフチェックする方法を簡単にご紹介します。

口ゴボ=前に”ゴボ”っと突き出している口元

口ゴボとは、口元が“ゴボ”っと前方へと突き出している状態で、専門的には上顎前突や上下顎前突という診断名が付きます。一般的には、出っ歯と呼ばれることもありますが、完全に前歯が露出しているのではなく、唇に覆われている状態が口ゴボなので、厳密には少し異なる症状といえます。

『エステティックライン』で自分の横顔(口ゴボ)をチェック!

口ゴボの症状は、比較的簡単にセルフチェックできます。その際、目安になるのが「E(エステティック)ライン」です。Eラインとは、鼻の先と顎の先を結んだ線で、そのラインのやや内側に唇が位置しているのであれば、日本人の理想に近い横顔であると評価できます。唇がEラインよりも外側に出ている場合は、口ゴボの疑いが生じます。とくに唇がEラインから大きくはみ出ている場合は、まず間違いなく口ゴボであるといえるでしょう。誰でも簡単に行えるチェック方法なので、ご自身が口ゴボであるか不安な方は一度試してみてください。もちろん、精密な診断を下すためには、矯正歯科でのカウンセリングおよび検査が必要となります。

口ゴボのリスク・デメリット

口ゴボには、以下に挙げるようなリスクやデメリットが存在しています。

見た目のコンプレックス

口ゴボの患者さまの多くは、見た目の問題で悩まれています。口元がモコっと膨らんでいる状態は、見た目があまり良くありません。口ゴボを自力で治すことは不可能なので、長年のコンプレックスになっている方もいらっしゃいます。その結果、内向的になり、物事に消極的な態度をとってしまったりするなど、人生そのものにネガティブな影響が及んでしまいます。これは口ゴボにおける極めて深刻なデメリットといえるでしょう。

口が乾きやすい(虫歯・歯周病のリスク)

口ゴボの人は、唇を閉じにくいため口呼吸になりがちです。口で呼吸をすると口内乾燥を招き、唾液による自浄作用・抗菌作用・殺菌作用などが低下して虫歯や歯周病のリスクが上昇します。ドライマウス・口腔乾燥は、口臭が強くなる原因にもなるため要注意です。

食べ物が噛みにくい

前歯が前方に倒れ込んでいる口ゴボでは、そしゃく機能に障害が現れます。上下の前歯で食べ物を噛み切ることができないため、そしゃくが不十分なまま飲み込むことになります。そうなると、胃や腸に過剰な負担がかかってしまいますよね。もしくは、奥歯だけで頑張ってそしゃくしようとして、奥歯の寿命が縮まったり、顎関節症を発症したりするなどのリスクが生じます。

口ゴボの原因と治療法

口ゴボの治療法は、原因によって異なります。多くの場合は矯正治療で治すことができますが、例外もあることを知っておきましょう。

「歯並び」が原因の口ゴボは矯正治療で治せる

前歯の傾きや位置の異常で口ゴボとなっているケースは、基本的に矯正治療で治せます。前歯を始めとした歯列全体の並びを矯正して、口元の突出感を改善します。スペースが不足している場合は、抜歯を行った上で歯列矯正を実施します。

口ボゴのその他の原因とその治療法

口ゴボが歯並びの乱れではなく、骨格的な異常に由来する場合は、歯列矯正だけで改善することは難しいため、「外科矯正」が必要となります。例えば、上の顎の骨が長すぎる場合は、外科手術で切除して短くします。上下の顎のバランスが悪い場合も骨切除で対応できることが多いです。その結果、口元の突出感は改善されますが、歯並びの細かい乱れを治すために、歯列矯正を併用することも珍しくありません。

四日市プルチーノ歯科・矯正歯科における口ゴボの治療

四日市のプルチーノ歯科・矯正歯科では、次のような流れで口ゴボの治療を行っております。

カウンセリング(初回無料)

まずは口元のお悩みについてお聞かせください。その症状が本当に口ゴボなのかも含め、矯正の専門家の歯科医師がていねいに診察・カウンセリングいたします。治療方法や治療にかかる期間、費用についてもお気軽にお尋ねください。四日市のプルチーノ歯科・矯正歯科では、初回のカウンセリングを無料で承っております。ご自身の口ゴボについて専門家の意見を聞いてみたい、という軽い動機でも構いませんので、まずはお気軽にご連絡ください。

精密検査

カウンセリングを受けて、口ゴボの治療に関心を持たれた方には、精密検査を実施しております。一般的な矯正治療と同様、お口の中の検査、口腔内写真・レントゲン写真の撮影、お口の模型の製作などを行って、患者さまのお口や顎、お顔全体の状態を正確に把握します。その上でお一人おひとりに最善といえる治療法をご提案します。

インビザラインによる歯列矯正

四日市のプルチーノ歯科・矯正歯科では、口ゴボの治療法としてインビザラインによる歯列矯正をご提案することが多いです。マウスピース矯正のインビザラインなら、透明な樹脂製のマウスピースを装着するだけで口ゴボの症状を改善できるため、周囲に気付かれずに治療を進めていくことが可能です。口ゴボの矯正を受けていることは、周りに知られたくないものですよね。

また、着脱式の装置を使うインビザラインでは、ここぞという時にマウスピースを外せるため、大事な面接やプレゼンなどの際に余計なストレスを抱えることもなくなります。インビザラインにはその他にも、食事を普段通りに行える、歯磨きの際にマウスピースを取り外せる、歯の移動に伴う痛みが少ない、矯正歯科に通う頻度が低い(2ヵ月に1回程度)などのメリットがあります。

インビザラインとワイヤー矯正の併用も

昨今は、インビザラインによる口ゴボの治療を希望される方が非常に多くなっているのですが、ケースによってはワイヤー矯正を併用しなければならない場合もあります。マウスピース矯正のインビザラインには、たくさんのメリットがあるものの、ワイヤー矯正よりも適応範囲が狭いというデメリットがある点を忘れてはいけません。歯を3次元的に大きく動かさなければ改善が難しい症例では、インビザラインとワイヤー矯正を併用することもありますので、その点はご了承ください。

まとめ

今回は、口ゴボを矯正歯科治療で治す方法について、四日市のプルチーノ歯科・矯正歯科が解説します。上述したように口ゴボの多くは、矯正歯科の治療で改善が見込めますので、口元の突出感や出っ歯の症状に悩まれている方は一度、当院までご相談ください。まずは無料でカウンセリングいたします。口ゴボを放置すると、口元のコンプレックスになったり、口腔乾燥によって虫歯・歯周病のリスクが上昇したりするため、できる限り早く改善した方が良いといえます。

四日市のプルチーノ歯科・矯正歯科ならそのお手伝いができます。当院は[イオンタウン四日市泊]内で開業しており、お車でお越しの方は大型駐車場をご利用いただけます。予防歯科にも力を入れた歯医者さんですので、まずはお時間のある時にご連絡ください。

プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市

MENU

プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市