四日市の歯医者
プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市

MENU

インビザライン

invisalign

インビザラインの費用はいくらくらい?四日市の矯正歯科医院が解説!

22.10.16

カテゴリ:インビザライン

矯正歯科は一般歯科と異なり、治療にかかる費用を予測しにくい部分がありますよね。ちょっとした虫歯治療なら保険診療の場合3,000円程度で治せますが、先進のマウスピース矯正であるインビザラインの場合はどのくらいの費用がかかるのか。今回はそんなインビザラインの費用について四日市プルチーノ歯科・矯正歯科がわかりやすく解説します。

1 インビザライン矯正の費用は総額でどのぐらいかかる?

ひと言でインビザライン矯正といっても、厳密にはいくつかのプランがあり、それぞれで費用の総額も変わってきます。ここではインビザラインを「全体矯正」と「部分矯正」の2つに分けて、治療費用の概算をご説明します。

1.1 インビザライン「全体矯正」の費用

インビザラインで全体矯正を行う場合の費用は、800,000~900,000円程度が全国的な相場となっています。標準的なワイヤー矯正の費用が1,000,000円前後なので、インビザラインの方が安くなっています。四日市のプルチーノ歯科・矯正歯科では、インビザラインによる全体矯正を700,000円(税抜)で承っております。

1.2 インビザライン「部分矯正」の費用

インビザラインで部分矯正を行う場合の治療費は、全国的に400,000~500,000円程度が相場となっています。インビザラインの部分矯正には、使用するマウスピースの枚数や適応部位によっていくつかのプランが用意されており、それぞれで料金設定が異なるため、詳細は歯科医院に問い合わせるようにしましょう。いずれにせよ全体矯正を行うよりは費用が安くなります。これは四日市市の歯医者でインビザラインの部分矯正を受ける場合も同じです。部分矯正でも噛み合わせまでしっかり治せるケースも多々ありますよ。


2インビザライン矯正の費用に必ず含まれるもの

上述したインビザラインの費用は、いわゆる基本料金に該当します。具体的にはインビザラインに使用するマウスピースの代金であり、治療を進めるにあたってはそれ以外にも各診療プロセスで費用が発生する点にご注意ください。

2.1 カウンセリング・相談料

インビザライン矯正では、通常の歯科治療と同じようにカウンセリングを実施します。極めて専門性の高い歯科治療だけに、患者さまが疑問や不安に感じている点も多いかと思いますので、カウンセリングにて何でもご質問ください。インビザラインのカウンセリン・矯正相談は全国的に5,000~10,000円程度で行っている医院が多いです。四日市市の歯科医院では無料で相談に応じているところもあります。

2.2 精密検査・診断料

インビザラインを始めとした矯正治療は、事前に行う精密検査および診断が何よりも重要といえるでしょう。なぜなら、検査・診断によって得られた結果で治療計画の大枠が決定し、治療のゴール地点までのマウスピースのデザインもほぼ決まってしまうからです。

とくに「iTero(アイテロ)」と呼ばれる口腔内3Dスキャナーを用いた検査は、インビザライン矯正の精度を大きく向上させるため、導入している歯科医院とそうでない歯科医院との差は極めて大きいといえます。

ちなみに、四日市市のプルチーノ歯科・矯正歯科では、従来のアイテロの精度をさらに向上させた「iTero element 5D (アイテロ エレメント 5D)」を採用しており、唾液検査を含む精密検査費として50,000円(税抜)をいただいております。インビザラインの精密検査・診断料の全国的な相場は50,000~60,000円程度です。

2.3 矯正料(クリンチェック+装置代)

矯正料には、歯の移動のデジタルシミュレーションを行う「クリンチェック」と透明なマウスピース型矯正装置である「アライナー」の費用が含まれます。一般的な矯正治療における基本料金に当たる部分で、全国的には800,000~900,000円程度が相場となっています。歯科医院によっては、クリンチェックによる代金を別途、徴収している場合もありますが、一般的には基本料金もしくは、精密検査・診断料に含めることもあります。

2.4 調整料

マウスピース型矯正装置であるインビザラインは、従来のワイヤー矯正のような調整は必要ありません。治療完了までのマウスピースは治療開始の時点ですべて完成していますし、マルチブラケット装置のように外れたり、ワイヤーが曲がったりするようなトラブルも起こりません。ただ、治療の進捗状態を観察したり、お口に歯周病や虫歯のような異常が現れていないかを確認したりするためにも定期的な通院が必要となります。その際、1回当たり3,000~10,000円程度の調整料を設定している歯科医院は多いと言えます。ちなみに、インビザラインの通院は2ヵ月に1回程度なので、1ヵ月に1回通院しなければならないワイヤー矯正ほど負担は重くありません。

3インビザライン矯正であとから追加される費用にはどんなものがある?

ここまでは、インビザライン矯正の患者さますべてに当てはまる治療について解説しましたが、ここからは一部の患者さまにあとから追加される費用について説明となります。

3.1 抜歯

インビザライン矯正は、抜歯が不要なケースに適応されやすい治療法ですが、患者さまの歯並びの状態によっては抜歯が必要となることもあります。そうした矯正治療における便宜抜歯(べんぎばっし)は、原則的に保険適用外となるため、費用がやや高くなります。最も標準的な便宜抜歯では、前から4~5番目の小臼歯(しょうきゅうし)を抜くことになり、1本につき5,000~15,000円程度かかるのが全国的な相場です。抜歯に伴うリスクも含めて不安な点があれば、いつでもお気軽にご相談ください。抜歯を行わずに矯正する方法もご提案できます。

インビザライン矯正では、必要に応じて親知らずを抜歯することもあります。親知らずとは、歯列の一番奥に生えてくる、もしくは埋まっている永久歯で、何らかのトラブルが生じることで抜歯することが多いですが、矯正治療のために抜くこともあるのです。そんな矯正治療に伴う親知らずの抜歯は、保険適用されることが多く、3割負担で1本あたり3,000~5,000円程度です。親知らずの生え方が異常で手術の難易度が高い場合は、歯科用CTによる精密検査なども必須となることから、3割負担で1本あたり10,000~15,000円程度かかることも珍しくありません。

3.2 アタッチメントの付与/IPR

インビザライン矯正では「インビザライン・アタッチメント」と呼ばれるパーツを使用することがあります。マウスピースの浮き上がりを防止したり、歯を効率よく動かしたりするためのパーツで、歯の表面にレジン製の突起物を付与します。アタッチメントの費用は設置する数にもよっても変動しますが、全国的には5,000円程度が相場となっています。アタッチメントを装着する期間もケースによって異なります。

歯をきれいに並べるためのスペースが不足していて、抜歯をするほどではないケースにはIPR・ディスキングと呼ばれる処置を施すことがあります。前歯を含めた歯の側面を少しずつ削ってスペースを確保する治療で、数千円程度の費用がかかるのが一般的です。健康な歯質を削ると聞くと、歯の寿命が縮まったり、虫歯になりやすくなったりするのでは?と不安に感じるかもしれませんが、その点はご安心ください。歯の健康に悪影響が出ない程度にしか切削しないのがIPR・ディスキングです。治療方針は患者様のご要望も踏まえた上で決定していきますので、心身への負担がより少ない方法をご紹介することも可能です。

4まとめ

今回は、見た目が良くて普段通りに食事ができ、歯磨きもしやすいインビザラインの料金の詳細について四日市市のプルチーノ歯科・矯正歯科が解説しました。インビザラインを始めとした歯列矯正では、基本料金以外にも検査・診断料やオプションにかかる費用なども加算されるため、費用の総額は思ったよりも多くなることも珍しくありません。

四日市市でインビザラインによる矯正歯科治療をご検討中の方は、そうした費用の内訳まできちんと説明してくれる歯医者さんにお願いする方が良いといえます。当院までご相談いただければ、カウンセリングにて費用の詳細はもちろんのこと、患者さまが抱えている矯正治療への不安や疑問をていねいに解消いたしますので、気軽にご相談ください。月・火・水・金・土・日・祝日は、18時半まで診療しております。プルチーノ歯科・矯正歯科は木曜日にお休みをいただいております。

イオンタウン四日市泊内にある医院ですので、駐車場も多く車でのアクセスも良好です。診療時間をご確認のうえ電話やWEBフォームからのご予約のうえ御来院いただければと思いいます。スタッフ一同、心よりお待ちしております。


プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市

MENU

プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市