四日市の歯医者
プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市

MENU

ホワイトニング

whitening

審美治療とは?そのメリットやデメリット、実際の治療例を四日市の歯科が解説

23.09.21

カテゴリ:ホワイトニングマウスピース矯正審美歯科

最近、SNSや女性誌で目にすることが多くなった「審美治療」。美容に関心のある方は、いったいどういった治療なのか気になっていることでしょう。審美治療は一般の歯科治療と何が違うのか。審美治療にはどのようなメリットやデメリットを伴うのか。この記事ではそんな審美治療に対する疑問にお答えする形で、四日市のプルチーノ歯科・矯正歯科がわかりやすく解説をします。

【1】 審美歯科について

審美治療を行う診療科を「審美歯科」と呼ぶことがあります。正式な診療科名ではないのですが、審美治療を専門に行うことから、そのような名称で呼ばれるようになりました。まずはその審美歯科で行われる審美治療の概要と、虫歯治療および矯正治療との関係についてご説明します。

①審美治療とはなに?

審美治療とは、文字通り審美性を追求する歯科治療です。保険診療で歯科治療を受けた経験がある方なら実感しているかと思いますが、一般歯科の治療では、必ずしも審美性に優れた仕上がりが期待できるわけではありませんよね。その最たる例が「銀歯」です。保険診療では一定の制限がかかることから、銀歯にせざるを得なくなるケースは多々あるのですが、審議治療を選択することで、より美しく、自然な人工歯を手に入れられます。昨今、日本でも口元の美しさへの関心が高まっているため、審美治療の需要も大きく伸びているのです。

②審美治療と虫歯治療の関係

審美治療は、歯科の「美容外科」というイメージを持たれがちですが、実際は少し異なります。なぜなら審美治療は、虫歯治療を始めとした一般歯科の治療がベースとなっているからです。例えば、虫歯になった時には歯を削りますよね。この段階までは審美治療も一般の虫歯治療も変わりはほとんどありません。

両者に大きな違いが現れるのは、詰め物や被せ物を製作・装着するプロセスです。上段でも述べたように、一般歯科ではレジン歯や銀歯しか使うことができませんが、審美治療なら見た目がきれいなセラミックを選択できます。つまり、審美治療というのは、一般歯科=「虫歯を治す・失った機能を回復する治療」にプラスアルファで、「口元の審美性を向上させる」ことができる歯科治療といえるのです。審美治療を検討する上でこの点は正しく理解しておく必要があります。

③審美治療と矯正の関係

実は、歯列矯正も広い意味での審美治療のひとつといえます。歯列矯正は、歯並び・噛み合わせを整えることで噛む機能を回復させると同時に、見た目の美しさも向上できるからです。実際、歯列矯正を希望される方の多くは、見た目の問題を主訴としています。

審美治療にはもうひとつ「セラミック矯正」と呼ばれる歯並びの改善方法もあります。これは矯正装置を使って歯を動かすのではなく、セラミックの被せ物を装着することで歯並びをきれいにします。標準的な歯列矯正とは根本的に異なる方法ですが、歯並びをきれいにすることが目的である点は共通しています。

【2】 審美治療のメリット

審美治療には、次に挙げるようなメリットがあります。

①機能性や予防歯科の観点から優れた治療法を選択することができる

審美治療の方法にはたくさんの選択肢があります。審美性だけではなく、機能性や予防歯科の観点から、最善といえる治療法を選択することが可能です。自由度が極めて高く、治療によって得られる満足度も高くなることでしょう。

②歯を美しく見せることができる

審美治療で得られるメリットとしてもっともわかりやすいのが「見た目が美しくなる」点です。何らかの理由で失った歯質をセラミックなどの審美材料で治療することで、歯を美しく見せることができます。歯列矯正なら口元全体の印象を大きく変えることも可能です。

③ 治療に使用する素材は長期的に使用可能になる

審美治療で使用する素材は、生体に安全なものが多いです。アレルギーの原因となるものはほとんどなく、長期的に使用できます。セラミックであれば歯質との適合が高く、虫歯の再発リスクも抑えられることでしょう。

④金属アレルギーに対応している

セラミックのみを使用したメタルフリー治療なら、金属アレルギーがある人でも安心して治療を受けられます。金属イオンが溶け出して歯茎に沈着するメタルタトゥーのリスクもゼロにできます。

【3】 審美治療のデメリット

たくさんのメリットが得られる審美治療ですが、医療行為である以上、必ずデメリットも伴います。とくに以下の3点については、事前にしっかり把握しておくことが大切です。

①自由診療の場合に保険が適用にならない場合がある

審美治療の多くは、自由診療となります。保険が適用されないため、治療にかかった費用は全額自己負担となる点にご注意ください。保険診療でも一部、審美性を意識した治療が受けられますが、得られる効果や適応できるケースは限定的です。

②病院によって治療費が異なるため病院選びが重要

自由診療で受ける審美治療は、病院によって治療費が大きく変わります。対応している審美治療の種類にも大きな違いが見られるため、病院選びは慎重に行う必要があります。病院選びに失敗すると、審美治療で後悔する可能性が高まります。

③治療法によっては健康な歯を削る場合がある

審美治療の代名詞ともいえるセラミック治療は、原則として歯を削らなければなりません。虫歯治療でセラミックを選択する場合は、どちらにしても歯を削ることにはなるのですが、審美性の改善だけを目的とする場合は、健康な歯の切削が必要となります。

【4】 プルチーノ歯科で提供している審美治療例

ここまで審美治療の内容やメリット・デメリットについて解説してきましたが、具体的な治療例についても知りたいですよね。そこで最後に四日市のプルチーノ歯科・矯正歯科で提供している審美治療について簡単にご紹介します。

①ホワイトニング

ブラッシングやクリーニングでは取り除けない、しつこい歯の着色・変色汚れを安全な方法で取り除くことができます。歯を削る必要は一切ありません。専用の薬剤を使って歯を内部から漂白して、歯が持つ本来の白さを取り戻します。当院では「スーパーポリリン酸ホワイトニング」を採用しているため、ホワイトニングに伴う痛みや不快症状を最小限に抑えられます。歯がキーンとしみる知覚過敏もまず起こりませんのでご安心ください。当院では、スーパーポリリン酸ホワイトニングをいくつかのコースで提供しております。コースの回数や施術費用については、ホームページをご覧ください。さらに詳しく知りたい方は、いつでもお気軽にプルチーノ歯科・矯正歯科までご相談ください。

②セラミック素材を用い補綴

セラミック素材を使った詰め物・被せ物治療にも対応しております。今現在、お口の中に入っている銀歯を白い歯に変えたい方、歯の大きさや形、ちょっとした歯並びの乱れを短期間で改善したい方には、セラミック治療をおすすめしております。セラミックは詰め物・被せ物だけでなく、ブリッジや入れ歯の人工歯にも活用できますので、関心のある方はお気軽にご相談ください。

③欠損した歯のインプラント治療

当院では、失った歯を歯根から回復できるインプラント治療にも対応しております。顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上にセラミック製の被せ物(上部構造)を装着します。インプラントを埋入する位置や角度を工夫すれば、歯を失う前より歯並びをきれいにすることも可能です。しかも、噛んだ時の力を顎の骨で支えることができるため、天然歯に近い噛み心地まで再現可能となっているのです。失った歯を美しくなおかつ健康的に回復させたいという方は、インプラント治療を検討されてみてはいかがでしょう。

プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市

MENU

プルチーノ歯科・矯正歯科 四日市